SELF EGG BANK のブログです。

卵巣年齢検査でわかること

桜

卵巣年齢検査(AMH検査)とは 卵巣内に残っている卵子数を調べるための卵巣年齢検査(AMH検査)です。 AMHは「アンチミューラリアンホルモン」と言い、抗ミュラー管ホルモンとも呼ばれています。

詳細を見る

卵の数は毎月300個減っていく

バラ

卵子の元となる卵(原始卵胞)は、お母さんのお腹の中にいる胎児の時、700万個も作られます。その数は、生まれた時点で200万個になり、初経を迎える12~13歳では30万個程度に減ってしまいます。その後は減る一方で、増えることはありません。

詳細を見る

卵子の質を高めよう

2梅の花

陽射しは春、最高気温も日ごとに春らしくなりましたね。 梅の花も咲き出しました。 しかし、朝夕はやっぱりまだまだ寒いです。 人間の生命現象はからだの温度で成り立っています。

詳細を見る

自己注射の仕方(ゴナールエフ)

GONALEF

[embed]https://www.youtube.com/watch?v=veUc31poKpA[/embed] …

詳細を見る

閉経と生理不順

春の花

閉経前の症状として代表的なものは生理不順。 「前までは28日周期だったのに・・・」 「30日周期だったのに・・」 と自分なりの周期で訪れていた生理の間隔が短くなる、あるいは長くなる場合もあります。

詳細を見る

生理不順と不妊症の関係

다운로드

生理不順の種類から考えられる不妊症の原因 生理不順は不妊症と大きく関係しており、そのもっとも大きな要因となるのが排卵のみられない「無排卵」です。

詳細を見る

がん治療、12年凍結卵子で出産 高校時に採取、結婚後受精

卵子凍結

   血液がんの治療で生殖機能を失う恐れがあった当時高校2年の女性(30)=愛知県=から卵子を採取して凍結保存、12年後に解凍して夫の精子と体外受精した受精卵を子宮に戻すことで、ことし8月に女性が出産していたことが5日、分かった。

詳細を見る

未婚女性の卵子凍結保存、日本の現状は?

欄

未婚女性の卵子凍結保存、日本の現状は?  学会がガイドラインを策定、廃棄を巡るトラブルの懸念も つい最近、米アップル社やフェイスブック社が女性従業員の卵子凍結費用を支援するという ニュースが流れたが、未婚女性な…

詳細を見る

卵巣を元気に保つポイント

2014.10.16

21件

卵巣元気

卵巣機能を元気に保つ、あるいは高めるために大切なことは3つあります。卵巣は女性ホルモ ンを作っている女にとってかなり重要な器官ですよね。

詳細を見る

独身の時にできる「妊活」

妊活3

今すぐではないけどいつかは子供を授かりたい。とお考えの方に読んで頂ければ参考になる記事を紹介したいと思います。 もはや独女だからといって他人事ではない「妊活」という言葉。

詳細を見る

最近のコメント

    ページ上部へ戻る