SELF EGG BANK のブログです。

苦難を乗り越える人

2013.11.12

1,571件

인생,도스토예프스키

苦難を乗り越えた人
私は有名な偉人達の偉大さに感嘆するほうです。
その中で、ドストエフスキーの偉大さは、他の偉人よりも特別に感じました。
彼の一生を簡単にあげれば
– 幼年期に母親の死

-青少年期に父も農奴に惨殺される。
– 死刑場で死刑執行を迎えたが、銃を構えた瞬間に劇的に死刑が減刑される
– 特赦があり、4年間シベリア流刑になる。

– 4年間シベリアの国境守備隊に強制服務
– 同じ年に妻の死、仲の良かった兄も死んで、文壇系で最も親密なグリコロビーチの死
– 作家として財政の悪化ですべての版権と将来の著作権も出版社に渡し、作品を多く発表しなければならなかった。
– 生涯、てんかんとうつ病に苦しむ。などなど

ドストエフスキーは偉大な作品を多数発表した人だと思うには、あまりにも苦難な生活を送ってきた作家です。

いや送ってきたというよりはその時その時ごとに大きな試練を乗り越え、耐えてきたといえます。

今の私達にはこのような苦難は、通常の人には耐えにくい試練だと思います。

晩年にドストエフスキーが大作<カラマーゾフの兄弟>を完成し後、60歳で息をとったときに

彼の葬儀は文学者としては、ほとんど例がないほど盛大なものであり、通りが数万の群衆で包まれたといいます。

苦難の終わりが華やかに終わりましたね。

今日の内容はちょっと重すぎましたかね。^^
現在の試練や苦痛も後で報われる日が必ず来ると思います。
私たちがここで考えるテーマは不妊ですが、ドストエフスキーの苦難に比べれば小さい試練かもしれません。

力を出して気持ちを楽にすると良い結果を得ることができます。
元気を出してください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る