SELF EGG BANK のブログです。

卵巣の老化の原因

2013.10.08

131件

imagesCACJJH00

* 老化原因
個人によって卵子の老化速度が速くなったり遅くなることがありますが、この中で特に環境的な要因が卵子の老化速度に大きな影響を与える。例えば、抗癌治療や放射線治療などは、人為的に私たちの体の細胞を減らす働きをするので、成長している卵巣は大きな打撃を受けることになる。このような治療を受けると、一瞬にして、早期閉経が来ることもある。

老化
女性が身体に直接感じることができる主な症状は、すぐに月経周期が速くなるということだ。もし、月経周期が30日だったのに急に26日以下に減少した場合は卵巣の機能が低下している信号だと受け入れて緊張する必要がある。また、生理の量と期間が半分に減ったり、これまでなかった生理痛が生じても、卵巣に問題があると認識しなければならない。このほか、疲労感、紅潮、熱感、冷汗なども卵巣の老化が進行されて表示される症状である。卵巣の老化が原因で発生するという病気中一つ目は “不妊”が来るということだ。卵子の老化により、欲しい時期に妊娠しないこと。二つ目は “早期閉経”である。早期閉経は、骨粗鬆症を伴う。

老化検査
血液検査を通して卵巣の年齢を知ることができる。代表的に月経周期に関係なく、血液検査で卵巣機能を評価するAMH(抗ミュラーリアンホルモン:卵巣の中で排卵がされている小さな卵胞から分泌されるホルモン)、生理2〜4日の間に血液検査で卵巣機能を評価するFSH(卵胞刺激ホルモン:下垂体から分泌される性腺刺激ホルモン)の数値を見て判断することができる。超音波では、生理初期に卵胞の数をチェックして、卵巣の老化検査AFC(基底同卵胞数:超音波で測定した成熟卵胞に進む可能性の卵胞の数、不妊治療で卵巣反応を予測する因子)をする。一般婦人科の超音波検査では、卵巣の老化がわかりづらいため、不妊治療をする病院で、追加で検査してみるのが良い。

にする生活習慣
不規則な生活、栄養不足、体脂肪過多、酒とタバコ、過度のストレスや環境ホルモンなどの老化を言いくるめる原因である。また、肥満を予防するために体脂肪がたまらないように健康管理をしなければならない。基本的に生理を定期的にする必要があり健康であることを心に留めて生理に異常が起こることができる上記のような習慣をつけないように注意することだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る