SELF EGG BANK のブログです。

AMH(抗ミューラー管ホルモン)について

2014.08.21

28件

健康な女性

AMHとは、抗ミューラー管ホルモンとも呼ばれ、発育途中の卵胞から分泌される女性ホルモンの一種です。原始卵胞(生まれつき卵巣にある未成熟な卵胞)が少なくなるにつれ、AMHの値も低下します。

そのため、卵巣機能の予備能(卵巣に残っている卵子の数)の目安、つまり女性巣年齢指標となるホルモンとして、不妊症治療において最近注目されています。(不妊検査で重要なホルモン数値です。)

男性の場合は睾丸で常に新しい精子を作ることができますが、女性の卵子は新たに作られることはなく、胎児のときに作られた卵子が保存されている状態です。つまり卵子の数は減少するのみで増えることはなく、また卵子そのものも年をとります。

卵巣機能は年齢によって比例し衰退して行きますが、個人差があり年齢に比べて卵巣機能が良い人と悪い人がいます。

AMH検査は他のホルモンと違い、月経周期のいつでも、血液検査で測定できますが、そのほかのホルモン検査は生理の2、3日目にするのが多いです。

将来の妊娠を考えているなら、自分の正しい卵巣年齢を知ることが大切ですね。

※AMH値は卵巣年齢の目安です。妊娠率は相関しません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る